40代からの婚活を成功させる方法|独身 再婚 バツイチ 子連れの婚活

婚活サービスの選ぶポイント

婚活サイトの選び方
会社別ランキング
YYC
オーネット
yubride
ブライダルネット
マッチドットコム
詳しくはこちら
  サイト一覧
  婚活全体の流れ
  相手に好かれる為のポイント
  リンク集
  基本メニュー
よくある質問
  プロフィールの書き方
<プロフィールはこう書く!>
ひとの目を引き、自分に興味を湧かせる手段としても有効的なプロフィール。
あまり重要視していない方もいると思いますが、
実は就職活動においての履歴書ぐらい大切な役割を持っているのです


  プロフィールの書き方 ポイント1
マイナスな印象を与える言葉は書かない

「以前の結婚では価値観の違いから…」「自分に自信がなく結婚まで至らず」「ルックスは良くないですが…」など、自分のマイナスになるような言葉は書かないようにしましょう。

  プロフィールの書き方 ポイント2
見栄を張らない

ありのままのあなたを見てもらうためにも、プロフィールには「嘘」「+α」は書かないようにしましょう
家事が苦手なのに、掃除、料理が得意だとか、体重を3キロ減らして記入してしまうとか。
見栄を張ってプロフィールを書いてしまうと出会ったときに「あれ?」なんて思われたり、嘘をつかれたことで相手を傷つけたり、あなた自身も「仮の自分」と付き合っていかなくてはいけなくなります。
自分で自分の首を締めないようにしましょう。

  プロフィールの書き方 ポイント3
希望条件をダラダラ書かない

高学歴、高収入、初婚、身長は175センチ以上、体重65キロ未満などなど、細かに希望を設定するよりも、大まかにわけて希望条件を書きましょう。
あなたに会ってみたいと思ったひとのなかには、
細かな条件にちょっとだけ入っていないために断念している男性がいるかもしれません

そうなっては出会いの数が減ってしまいます。

  プロフィールの書き方 ポイント4
趣味や特技は忘れずに書きましょう

「趣味ドライブ」と一言で終わらせるのではなく、「休日は主にドライブ。着いた先でラーメンを食べることが好きです」とか「スポーツは特にバスケットが好きで、社会人チームに所属しています。何月何日**体育館で大会があります」など具体的に書いてみましょう。お互いが楽しめるような趣味があるってとても良いことだと思います。

  プロフィールの書き方 ポイント5
どういった家庭を持ちたいかとアピール

自分は結婚したらこんな家庭を築いていきたいということを書きましょう。
相手が望む理想と合えば、結婚への近道になります